Author Archives: admin

ECサイトの必須システム!基幹システムを使い運営の安定化を!

Published by:

まずはECサイトを構築してみよう!

ネットショッピング市場の拡大や、パッケージされたソフトを買うだけでサイトを作れる手軽さで、企業はもちろん個人でもネットを通じたものの売買やサービスの提供を行うサイト、ECサイトを持つ人が増え続けています。ECサイト作成サービスを利用した手軽なものから、ECサイト専用のパッケージソフトを加工して作る方法、すべて自作で作るなど作り方は様々です。サイト作成サービスを使う時以外は、PHPやCSSなどといったプログラミング言語を使用します。

実際に作ったECサイトを運営してみよう!

ECサイトが完成したら、さっそく公開し、運営してみましょう。ECサイトの運営業務は、外向けの業務と内部の業務に分かれます。外向けの業務とは、集客のための広告活動や集客のための外部リンクを貼ってくれるサイトを探したり、商品の在庫管理などの業務です。多くの人の目に入るように、買い物がしやすいサイトになっているかどうかなど、売り上げに直結する欠かせない業務です。内向けの倉庫管理業務や顧客対応、販売基本情報の管理などいわゆる裏方業務もECサイトの土台になるものでなくてはならない業務です。これら2つはどちらが欠けても運営に支障をきたすものなので、どちらに偏ることなくバランスをとって運営しましょう。

基幹システムの連携の見直しで、業務の能率化を図る!

運営に必要な業務に使うシステムは生産管理・人事給与・経理会計などを総称して基幹システムと呼ばれます。各ECサイトはこの基幹システムのみと連携しています。個別に連携させるよりも一本化した方が情報の不整合化を防ぎやすいという事が要因です。システムに関わる最新技術の情報は、季節ごとに行われる通販ソリューションというイベントで情報を仕入れたり、実際の商談もすることが出来ます。

基幹システムとは、ある企業が商売をおこなっていく際に根幹となるとても重要なシステムのことをいいます。

ECサイトとは何?構築のコツや特徴について知ろう

Published by:

商売をするのがECサイトです

自社で販売する商品や製造した商品をインターネット上で売るのがECサイトの特徴です。小売業者なら仕入れた商品の売買を行い、製造業を行っている会社なら自社のオリジナル商品を売れるので主に商売を目的としたサイトと言えるでしょう。一般的にインターネットバンキングや通常のウェブサイトを含める場合もありますが、ここでは商売をするサイトを対象として説明をします。
取引相手は企業だったり個人だったり様々です。媒体はモール型と自社サイト型を用意、前者は仮想商店街にサイトを出店して商売を行います。後者は自社のオリジナルサイトを立ち上げて独自に商売を行うのが特徴です。モールへの出店をする場合は、そのモールの利用者や知名度が大きく影響をします。力が強ければ強いほど集客力が高いので売上アップができる可能性が高まると言えるでしょう。

構築のコツはあるのか

ECサイトを作るにあたって業務は商品管理やサイト管理、サポート業務と売上管理が必要です。在庫管理は過不足にならないようにうまく調整を行う、サイト管理は商品に登録や情報を更新する作業を行います。複数のモールに出店をしているときには上記の管理が大変になるので注意しておきましょう。
そういうときに使えるのがツールを使用した運営です。一元化システムを利用することで複数のショップの在庫管理や発注業務をまとめて行えます。大幅なコスト削減が可能なので複数のお店を持っているのなら重宝するのが特徴です。ジャンルに関係なく使えるのでおすすめと言えます。

ecサイトの構築とはecサイト、すなわちインターネットを通じて商品を販売できるサイトを作成することをいいます。

iPhone修理ならデータ取出しも安心です

Published by:

iPhoneが故障してしまった時には

iPhoneが故障をしてしまった時には、現在ではアップルストアと呼ばれる公式ショップで修理の受付をしてもらう、または非公式ではありますが、修理可能な業者に依頼をする方法があります。アップルストアの場合には、公式ショップとなっていますが、修理に必要な費用も比較的高いものとなっており、データも初期化されますので、バックアップが必須となります。それと比べて非公式修理業者の場合には、修理費用が安い事に加えて、バックアップがなくてもデータを取出ししてくれるサービスもあります。

データを取出ししてもらうと安心です

iPhoneを修理してもらう時には、データを取出してもらうと非常に安心する事が出来ます。公式のアップルストアでは行われていないサービスではありますが、非公式の修理業者では行われています。iPhoneのバックアップは基本的にパソコンにデータをコピーする必要がありますので、パソコンを持っていない方は出来ないものです。クラウドサービスを利用すればバックアップを取る事も出来ますが、通信量なども気になるもの。しかし、修理業者にデータを取出ししてもらう事によって修理が終わった後のiPhoneはデータ関連の故障であっても元通りになっています。

データを取出す場合は?

iPhoneの修理を依頼して、データを取出す場合とは、基本的に液晶がブラックアウトしている状態やフリーズしており操作が出来ない状態、内部の部品の故障によって動作しないなどの原因の時です。そのような時には、iPhone上で操作をしてデータを取出す事は不可能になります。しかし、修理業者の方はパソコンを使ってデータを取出す事が可能となっていますので、データ破損が起きてもバックアップは万全になります。

iPhoneも消耗品であり、電池の消費が早くなります。そんなiPhoneのバッテリーを交換する事で、iPhone修理をする事が出来ます。快適にiPhoneを使うために、消費の早い人は修理しましょう。

ホームページのデザインはスマートフォン向けデザインに注力すべき

Published by:

スマートフォンからネット接続する人が激増中

いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)が主流だった時代は、PCサイトと比較してモバイルサイトは低機能で通信速度も遅かったのであまり普及しませんでした。しかし、スマートフォンが登場し出すと各携帯電話会社の通信料定額制サービスをうまく利用してスマホからネット接続する人が急増していきます。2010年代半ばに入ると若年層を中心にガラケーを使う人はほとんどいなくなって大半の人がスマートフォンをもつようになりモバイルサイトの需要が高まっていきました。そんな中、今ではスマートフォンからのアクセスが全体の6割前後を占めるサイトが大半になり、10代をターゲットにしたサイトに関しては8割前後にまで達しています。さらに土日・祝日については大半のサイトのモバイルアクセス率が10%くらい増え、PCサイトの需要はどんどん減っている状況です。

運営者たちは意識改革が必要です

これまではPC向けサイトのデザイン・ナビケーションを充実させる事ばかり考えている人たちが多めでした。しかし、モバイルサイトのほうが需要が高くなっていて今後もますます需要は増加していく事が予測されているため、今後はモバイルサイトを充実させる事が大事です。例えば、文字が小さすぎる場合はあらゆる人が読みやすいように少し大きくするほうが得策であるほか、あまりにも基本文字サイズが大きすぎる場合は改善する必要があります。また各ページの内容を読み終えたら別のページにもアクセスしてもらえるように、各ページの下部に同じディレクトリ内の各ページをリンクすると、滞在時間を一気に増やせます。

レスポンシブwebデザインでは表示する機器に応じて最適な表示が自動選択されるので、サイトの訴求力アップに効果的です。

インターネットショップを始めたいなら!

Published by:

インターネットでショップを始めたいのなら、アクセスしてもらうサイトが必要です。そのためにはサーバーが必要になりますが、サーバーの管理は大変でコストもかかります。そこで便利なのがレンタルサーバーです。レンタルサーバーは月額の費用がかかりますが、メンテナンスや管理などは全てレンタル業者側が行うことになるのでその分コストも省けます。中にはネットショッピング用のツールが用意されている事もあるので、始めやすい環境が整っています。一から全て自分でやろうとするとコストも時間もかかり大変ですが、レンタルサーバーを積極的に利用することで効率的にサイトを簡単に開設出来て運用もわかりやすく管理もしやすくなるのです。

ホームページを制作するにはまずレンタルサーバーを

レンタルサーバーを利用することでネットショップを開設するための準備が出来ます。自前で用意するよりも運用コストを低く抑えられるのでその分他の運用コストへ回すことが可能となります。また、独自ドメインを取得する事も可能なのでオリジナリティあふれるサイトを運用することが可能です。ドメインの取得方法が分からなくても、サーバー管理の業社がサポートしてくれるので初めてでも安心して運用できます。ただし、レンタルサーバーによって利用規約が異なり場合によってはネットショップが禁止されていることや、取扱が禁止されている商品があるので細かく注意を確認しましょう。始めてから利用停止になってしまうと損失になりかねません。

レンタルサーバーは、定期的なバージョンアップによって、常に最新のセキュリティにより情報を守ることができます。

スマホ修理を依頼しよう

Published by:

不注意からスマホの画面を割ってしまうなどの事故が起こりえますが、自分でなんとかしようとせずまずは修理業者へ依頼しましょう。そのまま使い続けると思わぬケガをすることもあり注意が必要です。スマホには高度な技術が凝縮されているので細いハンダや電子回路などが密集しているので、専門的な知識が必要となります。専門の修理業者がおり、商店街や店舗としてあちこちに構えているので利便性も高く利用したい時に直ぐ利用できるのは便利です。程度によってその日のうちに修理が完了するので、数日おあずけになるといった事態も防げます。無理に自分で直そうとして、開けてみたもののどこをどうすればよいかわからなくなり更に被害を広げてしまう可能性もありますよ。

ガラス修理はどれくらいかかるの?

スマホのガラス割れは交換という形で修理を行います。ガラスが割れただけであればその日のうちにでも修理が完了してしまうので即日可能ですが、業社によって技術や修理費用が異なるので気を付けたいところです。こうした情報は修理業者のホームページや店頭に具体的な費用が掲載されているので参考にすると良いでしょう。ただし程度によっては掲載額とは異なる修理費用を請求されるケースもあるので参考という形に捉えておくと良いでしょう。また、こうした修理は持ち込みをする前に事前予約が必要な事が多いので注意しましょう。折角持ち込んでも先客の対応をしていたり技術者が外出中だというケースもありえます。急いでいるときこそ冷静に対応する事が大切です。

水没や破損など自分で直そうとせずにスマホ修理の業者へ依頼しましょう。程度によってはその日のうちにでも直せてしまうので便利です。

ストレスを目で見る仕組!ストレス解消に役立てよう

Published by:

ストレスチェックシステムとは

働く人たちの身体面での健康に加え、メンタルの健康についても注目されるようになった昨今、2015年12月から開始されたストレスチェック制度を効率よく運用するために開発されたのがストレスチェックシステムです。これはWEB上で展開されるシステムで、働く人たちが画面上でストレスに関する設問に回答していくことで、回答者のストレスがどの程度のものかを判定することができるようになっています。システム上で行うため結果がすぐに出てきますし、ここで高ストレスと判定された人に対してはその後のケアについて効果的な対策を練ることに役立っています。また、ここで集めた調査結果を分析する機能もあるため、システムを導入した職場におけるストレスの傾向を掴んで、それによって労働環境の改善に繋げる助けにもなっているのです。

ストレスによる疾患を未然に防ぐために

ストレスチェックでは、仕事に関するストレスや心身についてのストレスなど、いくつかの項目に分かれた設問に答えていきます。厚生労働省が用意した設問は各職種の特性に触れたものではありませんが、ストレスチェックシステムを使えば設問の追加・変更もできるので企業毎の特性にあった設問をつくることが可能です。このシステムの誕生には、仕事上でのストレスが原因で障害が発生し、労災認定されるケースが増加しているという背景があります。そのため、働く人のメンタルに異常がないかを調べ、これによる疾患を未然に防ぐことが目的となっています。それにはもちろん、単に調査するだけではなくその原因を突き止めて解消することも必要になってくるのです。

最近はさまざまな企業でも取り入れられている、ストレスチェックシステム。簡単な設問に答えていくだけで現在の自分がどの程度のストレスを抱えているのかが分かります。こまめに受けていきたいですね。