マーケティングオートメーションとは?その役割はなにか

販売促進や営業活動のための新しいITシステムです

マーケティングオートメーションという言葉はまだ耳慣れない言葉だと思います。これは近年次第に良く利用されるようになってきた、販売促進や営業活動の成果を上げるためのITシステムです。マーケティングオートメーションには3つの役割があります。それは、見込み客を集めること、集めた客の購買意欲を刺激すること、そして刺激された購買意欲を商談につながるようにすることです。マーケティングオートメーションで最も特徴的な機能は顧客管理機能です。見込み客の連絡先などの情報を記録しておくだけでなく、客がホームページなどへアクセスした履歴や展示会・セミナー出席した履歴、過去に送ったメールの開封の有無などまで管理することができます。これらをこのシステムが分析してくれることで、さらに購買意欲が上がるような情報を客に送ることができます。そして実際に商談に繋がるような客を人選することができるのです。

マーケティングオートメーションによって成功するには

このITシステムを導入することによって、営業活動が簡素化され効率化できますが、本当に成功するためには準備が必要です。まずは、営業目的の絞り込みを行い、目標を決めます。顧客の興味を引きそうな宣伝やデータを準備し、さらに購買意欲を後押しするようなメールの準備も必要です。これらを準備すれば、システムが自動で可能性の高い客の選択をしてくれ、メールも配信してくれます。さらにメールへの反応の良い客をピックアップできたら商談に入りましょう。スムーズな商談が進むはずです。

マーケティングオートメーションとは、デジタルマーケットのプロセスを自動化するシステムで、業界において常識になりつつあるツールです。