通販ソリューションに必須!システムパッケージとはどんな商材か

システムパッケージのメリット把握

通販ソリューションとは通信販売を行う際に発生する問題を解決するという意味を持ちます。それを実現してくれるのがシステムパッケージであって、これは別名ECパッケージとも呼ばれているのが特徴です。具体的なシステムパッケージの特徴ですが、これは大きく分けて4種類があるといえるでしょう。

ECパッケージは基本フレームワークを持った状態のECサイトで、カスタム自由かつデザイン面も自由度が高いです。ASPはクラウド型のサービスで、月額課金による契約を行う形態、ネット経由で使えます。すでに構築された状態で販売されているのでそのまま使えるのがメリット、アップデートも自動で行われるので手間がかからないです。

フルスクラッチは既存のプログラムを使用せずにゼロからECサイトを構築します。自社でやりたいことはすべて実現可能で予算が十分使えるのならおすすめです。大量のトラフィックに対しても対応可能なのが魅力と言えるでしょう。オープンソースは一般向けに無償公開されているシステムを使い行うもので、ECサイト構築の自由度が高いです。ただし技術力がある程度必要になるため初心者では扱いにくいと言えます。基本的にオープンソースなので構築費用はかからないのが強みです。

ベンダーロックインされないことが大事

特定のベンダーに依存してしまうと拡張部分にデメリットが出てしまいます。ほとんどのシステムパッケージはソースコードが公開されていないため、こういうサービスだと新しい要素を追加したいときにパッケージ会社に依頼をして追加してもらわないとだめです。そうなると結構費用がかかるので、ベンダーロックインの有無は確かめておきましょう。

通販システムのパッケージとは、受注生産から出荷管理まですべてを同じシステム上で行うことで、作業の効率化、二重入力などのリスクの軽減などを行うことができるクラウドサービスです。