Daily Archives: 2018年10月26日

通販ソリューションに必須!システムパッケージとはどんな商材か

Published by:

システムパッケージのメリット把握

通販ソリューションとは通信販売を行う際に発生する問題を解決するという意味を持ちます。それを実現してくれるのがシステムパッケージであって、これは別名ECパッケージとも呼ばれているのが特徴です。具体的なシステムパッケージの特徴ですが、これは大きく分けて4種類があるといえるでしょう。

ECパッケージは基本フレームワークを持った状態のECサイトで、カスタム自由かつデザイン面も自由度が高いです。ASPはクラウド型のサービスで、月額課金による契約を行う形態、ネット経由で使えます。すでに構築された状態で販売されているのでそのまま使えるのがメリット、アップデートも自動で行われるので手間がかからないです。

フルスクラッチは既存のプログラムを使用せずにゼロからECサイトを構築します。自社でやりたいことはすべて実現可能で予算が十分使えるのならおすすめです。大量のトラフィックに対しても対応可能なのが魅力と言えるでしょう。オープンソースは一般向けに無償公開されているシステムを使い行うもので、ECサイト構築の自由度が高いです。ただし技術力がある程度必要になるため初心者では扱いにくいと言えます。基本的にオープンソースなので構築費用はかからないのが強みです。

ベンダーロックインされないことが大事

特定のベンダーに依存してしまうと拡張部分にデメリットが出てしまいます。ほとんどのシステムパッケージはソースコードが公開されていないため、こういうサービスだと新しい要素を追加したいときにパッケージ会社に依頼をして追加してもらわないとだめです。そうなると結構費用がかかるので、ベンダーロックインの有無は確かめておきましょう。

通販システムのパッケージとは、受注生産から出荷管理まですべてを同じシステム上で行うことで、作業の効率化、二重入力などのリスクの軽減などを行うことができるクラウドサービスです。

ECサイトの必須システム!基幹システムを使い運営の安定化を!

Published by:

まずはECサイトを構築してみよう!

ネットショッピング市場の拡大や、パッケージされたソフトを買うだけでサイトを作れる手軽さで、企業はもちろん個人でもネットを通じたものの売買やサービスの提供を行うサイト、ECサイトを持つ人が増え続けています。ECサイト作成サービスを利用した手軽なものから、ECサイト専用のパッケージソフトを加工して作る方法、すべて自作で作るなど作り方は様々です。サイト作成サービスを使う時以外は、PHPやCSSなどといったプログラミング言語を使用します。

実際に作ったECサイトを運営してみよう!

ECサイトが完成したら、さっそく公開し、運営してみましょう。ECサイトの運営業務は、外向けの業務と内部の業務に分かれます。外向けの業務とは、集客のための広告活動や集客のための外部リンクを貼ってくれるサイトを探したり、商品の在庫管理などの業務です。多くの人の目に入るように、買い物がしやすいサイトになっているかどうかなど、売り上げに直結する欠かせない業務です。内向けの倉庫管理業務や顧客対応、販売基本情報の管理などいわゆる裏方業務もECサイトの土台になるものでなくてはならない業務です。これら2つはどちらが欠けても運営に支障をきたすものなので、どちらに偏ることなくバランスをとって運営しましょう。

基幹システムの連携の見直しで、業務の能率化を図る!

運営に必要な業務に使うシステムは生産管理・人事給与・経理会計などを総称して基幹システムと呼ばれます。各ECサイトはこの基幹システムのみと連携しています。個別に連携させるよりも一本化した方が情報の不整合化を防ぎやすいという事が要因です。システムに関わる最新技術の情報は、季節ごとに行われる通販ソリューションというイベントで情報を仕入れたり、実際の商談もすることが出来ます。

基幹システムとは、ある企業が商売をおこなっていく際に根幹となるとても重要なシステムのことをいいます。

ECサイトとは何?構築のコツや特徴について知ろう

Published by:

商売をするのがECサイトです

自社で販売する商品や製造した商品をインターネット上で売るのがECサイトの特徴です。小売業者なら仕入れた商品の売買を行い、製造業を行っている会社なら自社のオリジナル商品を売れるので主に商売を目的としたサイトと言えるでしょう。一般的にインターネットバンキングや通常のウェブサイトを含める場合もありますが、ここでは商売をするサイトを対象として説明をします。
取引相手は企業だったり個人だったり様々です。媒体はモール型と自社サイト型を用意、前者は仮想商店街にサイトを出店して商売を行います。後者は自社のオリジナルサイトを立ち上げて独自に商売を行うのが特徴です。モールへの出店をする場合は、そのモールの利用者や知名度が大きく影響をします。力が強ければ強いほど集客力が高いので売上アップができる可能性が高まると言えるでしょう。

構築のコツはあるのか

ECサイトを作るにあたって業務は商品管理やサイト管理、サポート業務と売上管理が必要です。在庫管理は過不足にならないようにうまく調整を行う、サイト管理は商品に登録や情報を更新する作業を行います。複数のモールに出店をしているときには上記の管理が大変になるので注意しておきましょう。
そういうときに使えるのがツールを使用した運営です。一元化システムを利用することで複数のショップの在庫管理や発注業務をまとめて行えます。大幅なコスト削減が可能なので複数のお店を持っているのなら重宝するのが特徴です。ジャンルに関係なく使えるのでおすすめと言えます。

ecサイトの構築とはecサイト、すなわちインターネットを通じて商品を販売できるサイトを作成することをいいます。

iPhone修理ならデータ取出しも安心です

Published by:

iPhoneが故障してしまった時には

iPhoneが故障をしてしまった時には、現在ではアップルストアと呼ばれる公式ショップで修理の受付をしてもらう、または非公式ではありますが、修理可能な業者に依頼をする方法があります。アップルストアの場合には、公式ショップとなっていますが、修理に必要な費用も比較的高いものとなっており、データも初期化されますので、バックアップが必須となります。それと比べて非公式修理業者の場合には、修理費用が安い事に加えて、バックアップがなくてもデータを取出ししてくれるサービスもあります。

データを取出ししてもらうと安心です

iPhoneを修理してもらう時には、データを取出してもらうと非常に安心する事が出来ます。公式のアップルストアでは行われていないサービスではありますが、非公式の修理業者では行われています。iPhoneのバックアップは基本的にパソコンにデータをコピーする必要がありますので、パソコンを持っていない方は出来ないものです。クラウドサービスを利用すればバックアップを取る事も出来ますが、通信量なども気になるもの。しかし、修理業者にデータを取出ししてもらう事によって修理が終わった後のiPhoneはデータ関連の故障であっても元通りになっています。

データを取出す場合は?

iPhoneの修理を依頼して、データを取出す場合とは、基本的に液晶がブラックアウトしている状態やフリーズしており操作が出来ない状態、内部の部品の故障によって動作しないなどの原因の時です。そのような時には、iPhone上で操作をしてデータを取出す事は不可能になります。しかし、修理業者の方はパソコンを使ってデータを取出す事が可能となっていますので、データ破損が起きてもバックアップは万全になります。

iPhoneも消耗品であり、電池の消費が早くなります。そんなiPhoneのバッテリーを交換する事で、iPhone修理をする事が出来ます。快適にiPhoneを使うために、消費の早い人は修理しましょう。

ホームページのデザインはスマートフォン向けデザインに注力すべき

Published by:

スマートフォンからネット接続する人が激増中

いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)が主流だった時代は、PCサイトと比較してモバイルサイトは低機能で通信速度も遅かったのであまり普及しませんでした。しかし、スマートフォンが登場し出すと各携帯電話会社の通信料定額制サービスをうまく利用してスマホからネット接続する人が急増していきます。2010年代半ばに入ると若年層を中心にガラケーを使う人はほとんどいなくなって大半の人がスマートフォンをもつようになりモバイルサイトの需要が高まっていきました。そんな中、今ではスマートフォンからのアクセスが全体の6割前後を占めるサイトが大半になり、10代をターゲットにしたサイトに関しては8割前後にまで達しています。さらに土日・祝日については大半のサイトのモバイルアクセス率が10%くらい増え、PCサイトの需要はどんどん減っている状況です。

運営者たちは意識改革が必要です

これまではPC向けサイトのデザイン・ナビケーションを充実させる事ばかり考えている人たちが多めでした。しかし、モバイルサイトのほうが需要が高くなっていて今後もますます需要は増加していく事が予測されているため、今後はモバイルサイトを充実させる事が大事です。例えば、文字が小さすぎる場合はあらゆる人が読みやすいように少し大きくするほうが得策であるほか、あまりにも基本文字サイズが大きすぎる場合は改善する必要があります。また各ページの内容を読み終えたら別のページにもアクセスしてもらえるように、各ページの下部に同じディレクトリ内の各ページをリンクすると、滞在時間を一気に増やせます。

レスポンシブwebデザインでは表示する機器に応じて最適な表示が自動選択されるので、サイトの訴求力アップに効果的です。