ストレスを目で見る仕組!ストレス解消に役立てよう

ストレスチェックシステムとは

働く人たちの身体面での健康に加え、メンタルの健康についても注目されるようになった昨今、2015年12月から開始されたストレスチェック制度を効率よく運用するために開発されたのがストレスチェックシステムです。これはWEB上で展開されるシステムで、働く人たちが画面上でストレスに関する設問に回答していくことで、回答者のストレスがどの程度のものかを判定することができるようになっています。システム上で行うため結果がすぐに出てきますし、ここで高ストレスと判定された人に対してはその後のケアについて効果的な対策を練ることに役立っています。また、ここで集めた調査結果を分析する機能もあるため、システムを導入した職場におけるストレスの傾向を掴んで、それによって労働環境の改善に繋げる助けにもなっているのです。

ストレスによる疾患を未然に防ぐために

ストレスチェックでは、仕事に関するストレスや心身についてのストレスなど、いくつかの項目に分かれた設問に答えていきます。厚生労働省が用意した設問は各職種の特性に触れたものではありませんが、ストレスチェックシステムを使えば設問の追加・変更もできるので企業毎の特性にあった設問をつくることが可能です。このシステムの誕生には、仕事上でのストレスが原因で障害が発生し、労災認定されるケースが増加しているという背景があります。そのため、働く人のメンタルに異常がないかを調べ、これによる疾患を未然に防ぐことが目的となっています。それにはもちろん、単に調査するだけではなくその原因を突き止めて解消することも必要になってくるのです。

最近はさまざまな企業でも取り入れられている、ストレスチェックシステム。簡単な設問に答えていくだけで現在の自分がどの程度のストレスを抱えているのかが分かります。こまめに受けていきたいですね。