ホームページを作る際の基本として覚えておきたいこと

読み手のことを第一に考えて作ることが大事

ホームページは多くの人々の目に触れることになるわけですから、読み手のことを第一に考えて作ることは基本として覚えておくべきです。読み手を意識するうえで気をつけるべきことは、目に負担の少ない色を多く使用することです。派手なホームページは読み手に強烈なインパクトを与えることができます。しかし、目への刺激が多くなるので疲れてしまい、最後まで見てもらえずに離れてしまう可能性があります。そこで、目に負担の少ない色を増やすことによって、最後まで見てもらえるようになります。目に負担が少ないのは白に近い色なので、背景にこれまでよりも白を多く使用したホームページの内容にするだけでアクセス数が増加するチャンスが生まれるでしょう。

わかりやすさを意識する

ホームページにアクセスしてもらうことは大事ですが、少し見ただけで離れられてしまうのは寂しいことです。じっくりと見てもらえない原因の1つにわかりにくい内容というのがあります。たとえば、難しい専門用語ばかりを使用しているホームページでは深く読んでもらえない可能性は高くなります。そこで、難しい専門用語を自分なりのわかりやすい言葉に変えることによって読み手は理解しやすくなるので、ホームページに滞在している時間がアップします。また、文字の大きさや画像の使い方も重要です。文字が小さいホームページは読みにくいため、誰でも問題無く読めるサイズの文字にすることは大切です。文字はホームページのメインとなりますが、それだけでは読み手は疲れてしまうので時々画像を挿入すると効果的です。

ホームページ制作というと難しいイメージを抱く方も多いですが、決まった項目を選択するだけで制作できるものや、一からオリジナルで制作するものなど幅広く方法があります。